トレンドディスカバリーfx検証評価

【独自特典配布中】トレンドディスカバリーfxがあなたの期待通りのパフォーマンスを出してくれるのか?知りたくありませんか?

トレンドディスカバリーfxの検証をしている私のブログに興味を持っていただいてありがとうございます!
このブログでは、実際にトレンドディスカバリーfxを入手して検証した結果をまとめています。その辺の適当なレビューブログとはわけが違います。


ちなみに、私はこれまでに様々なFXを商材を合計100万円以上は検証してきた経験があるので、トレンドディスカバリーfxについてもより客観的に評価してます。

fxsyouzai


記事の最後では、このブログでしか手に入らない独自特典の紹介もしているの是非、最後までお付き合いいただければと思います。


■トレンド・ディスカバリーFXレビュー


トレンドディスカバリーfxはトレンドハンターFXを手掛けた関野典良さんの2作目ということもあり、中身はトレンドフォローの裁量手法となっています。
裁量手法は、サインツールや自動売買、システムトレードなどとは違って、習得に手間暇がかかるものの、それこそ、FXだけで一生稼いでいけるスキルになります。

身に着けておいて絶対に損はないわけですが、裁量手法を教えてくれるFX商材は、ロジカルFXマエストロFXなどなど、他にもいくらでもあります。そんな中でトレンドディスカバリーfxを選ぶ理由は何があるかというと、最低でも次の3つが上げられます。



  • ダウ理論をベースにしている


  • サポートが充実


  • 決済位置が明確



まず裁量手法をマスターするメリットは、ダウ理論を体で理解できるようになることです。ダウ理論は相場の原理原則であり、あらゆる手法はダウ理論に基づいて作られるべきです。
ただ残念ながら、FX商材の中には、必ずしもダウ理論をベースにしていないタイプもあります。たとえば、移動平均線をロジックの中心においている手法があったりします。



結果的にそれで勝てれば別に良いんですが、ダウ理論という根本的な足場がないために、相場状況によってはひどい連敗をして、損失が大きく膨らむ危険があります。
トレードに慣れていて相場観が養われていれば、そういった危険な相場を避けることはできるものの、トレードスキルを伸ばしている最中は、何が理由で負けているのか?原因を把握できません。




トレンドディスカバリーfxはその点、ダウ理論に非常に忠実なロジックとなっています。通貨ペアの強弱を判定する際も、その根底ではダウ理論を根拠の一つにしています。
相場の原理原則に逆らうことなく、ダウ理論に忠実に従ってトレードロジックが組みあがっているからこそ、トレンドに上手く乗ることができるし、下手な負け方もしなくなります。



勝率8割以上といえど、10回トレードすると1,2回は負けてしまうわけですが、トレンドディスカバリーfxを実践していくと「ここで負けてしまうのは仕方がない。」と思えるようになります。
負けトレードを心から受け入れられるようになり、必要経費だったと割り切れるようになります。今までとは違って、連敗したとしても、動揺することなく、次のトレードからまた気持ちを入れ替えて行けますよ。




トレンドディスカバリーfxの2つ目のポイントは公式サイトでマニュアル動画が充実している点。やはり、相場が常に動いているものですから、実際に動いている相場を使った解説が最も勉強になります。
マニュアル中には、リアルトレードの実践動画も用意されていますから、繰り返し動画を見ることによって、トレンドディスカバリーfxで勝てるパターンというのを自分の脳みそに叩き込んでいってください。



そしてトレンドディスカバリーfxではサポートも割と充実している方です。すでにQ&Aには、たくさんの質問に対する回答がそろっているので、マニュアルでは理解できなかった部分の穴埋めができます。
もちろん、ここでもわからない点があれば、サポート窓口が用意されていますから、いつでも相談ができます。



実際に私が質問メールを送った際には、いずれも10分以内に回答が返ってきました。回答がなかなか来なくてイライラすることがなくて非常にストレスフリーでした。




まず相場で勝つためには、当たり前ですが継続してトレードをしなければいけません。そして、トレードを続けるためには当然、資金が必要になります。
資金がなくなってしまえばそこでゲームオーバー。相場から退場せざるを得なくなり、資金を増やすことも減らすこともできなくなります。




相場では、自分の資産をできるだけ減らさないように守ることも重要です。具体的には、資金が失うリスクをできるだけ小さくする必要があるし、さらに資金を失うにしても、最小限に抑える必要があります。
損切を入れずにトレードしたり、ましてや意味のないナンピンを繰り返すは言語道断です。ルールに基づいて、負けるべき時には負けなければいけません。




トレードで勝つためには損切は最重要要素であるにもかかわらず、裁量トレードの手法や補助ツールの商材の中には、損切ルールがきちんと決まっていないものがあります。
そんなやり方でトレードをしていたら、勝てる時期はもちろんあるかもしれませんが、長い目で見たら、いつかは大きな損失を抱えて、相場から退場させられる羽目になります。



トレンドディスカバリーfxはその点、損切ルールは非常に明確です。直近高値・安値が基準となっているので、そのちょっと先に損切を設定すればOK。
たとえば、ロングエントリーする場合であれば、エントリーポイントの直近最安値のちょっとしたに損切りラインを入れておきます。



エントリーする時点で、どこに損切を入れればよいのか、一目で把握することができるので、少なくとも、損失が必要以上に大きくなる心配がありません。



最後に当ブログ限定特典の紹介をさせてください。このブログ内のリンクを経由してトレンドディスカバリーfxに申し込みをしていただければ、下記の特典を無料でプレゼントさせていただきます。












トレンドディスカバリーfxを当ブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら



あなたがもし、今までRSIやストキャスティクスなどを頼りに相場分析してきた場合、トレンドディスカバリーfxの実践にあたって、同じくRSIやストキャスを使いたくなるでしょう。
テクニカル分析の使用数を増やすことで、確かに相場判断の精度を高めることができます。複数のインジケーターを上手く組み合わせることで、より正確なトレード判断ができるようになるはずです。

ただ問題は、どのテクニカル分析を組み合わせて、どんな風にトレードすると勝てるのか?というルール作りです。
トレードで勝てない人が、血のにじむような努力を重ねて研究をしたとしても、勝てる手法を見つけられる可能性は奇跡に近い確率になってしまいます。

勝てない発想から生まれるアイデアなんて、結局は勝てないものばかり。今の自分の常識を飛び越えるようなやり方をしなければ、勝てるきっかけなんてつかめるわけがありません。
トレンド・ディスカバリーFXのトレードルールにも、自分勝手な解釈で余計なものを混ぜてしまったら、勝率も利益率も大幅に下げて負ける要因なってしまいます。

まずはトレンド・ディスカバリーFXを忠実に再現するところからスタートするように心がけましょう。


↑このページのトップヘ